美容成分

乳酸菌でピロリ菌を殺す

いつもお腹の調子が悪い方…それは胃に住み着いているピロリ菌が原因かもしれません。
ピロリ菌とは、悪玉菌の一つで、その耐性が特徴です。
ピロリ菌がもっている『ウレアーゼ』という酵素により、酸性の胃液の中でも保護されるようになっています。
この菌はかなりやっかいな存在で、小さい頃に何らかの原因で感染してからは、通常は除菌をしない限り胃に居残り、悪さをし続けるのです。

ピロリ菌により引き起こされる症状は腹痛、吐き気などがありますし、胃潰瘍や胃がんの原因となることもあります。
そのようなピロリ菌に対して、私たちが取れる対策とはなんでしょうか。

その一つに、乳酸菌を挙げることができます。
乳酸菌とは善玉菌の一つで、おなかの調子を整える働きがあります。
ヨーグルトや納豆など多くの人に親しまれている食品に多く含まれています。
乳酸菌には腸内細菌のバランスを整える働きがあります。

善玉菌にはビフィズス菌という名前を聞いたことがあると思いますが、直接的にピロリ菌を抑制して、除菌することが可能な乳酸菌があります。
それが、『LG21』http://www.izamania.net/lg21.htmlです。
ヨーグルトとして販売もされているLG21には、ピロリ菌を減少させる働きがあり、数の減少及び完全除菌されたという実験結果もあります。
ピロリ菌対策として、LG21を含んだヨーグルトを食べることをお薦めします。

アレルギーを緩和させたい方にはhttp://xn--u9j961g23cv74dw6c810a.com/arerugi.htmlで紹介されているKW乳酸菌がおすすめです。
たくさんの種類の乳酸菌がありますから、いくつか試してみて自分に合った種類の乳酸菌を見つけだすことから始めましょう。


このページの先頭へ